労災保険

労災保険とは?

労働者が仕事中または通勤中に負傷・疾病・障害・死亡等に遭ったときに、労働者に対する補償の観点から必要な保険給付を行うとともに、あわせて労働者の社会復帰の促進等の事業を行う制度です。

詳しい内容説明

給付(補償)の種類

労災保険のまとめ

宮城県連 労災保険のパンフレット(全12ページ)

一人親方労災の年間保険料

Q.給付基礎日額ってなんですか?
A.労災保険給付の基準となるものであって、労働者の場合には賃金をもとに算出されます。

しかし、一人親方の場合には賃金というものがないので、給付基礎日額は、一定の範囲内から自分で選択することになります。

例えば、給付基礎日額が10,000円なら、ケガなどで休業している間は、1日当たりその8割に当たる8,000円の給付が受けられます。

給付基礎日額が高ければ、補償内容が高くなりますが、その反面保険料も高くなります。

なお、一度決定された給付基礎日額は、毎年年度更新の際に変更することができます。

詳しい保険料の金額や加入手続きについては、ご所属の組合にご確認ください。

厚生労働省作成資料

労災保険給付の概要 請求(申請)のできる保険給付等労災保険に加入していますか?
特別加入制度のしおり
〈一人親方その他の自営業者用〉
特別加入制度のしおり
〈中小事業主等用〉
労災保険に入ること
それは会社+家族を守ること