組合に加入するには

宮城県建設職組合連合会のパンフレット

組合加入までの流れ

加入の手続きは、県連合会に加盟する単位組合での申込みとなります。
※宮城県連で加入手続きをとることはできません。

加盟する単位組合は県内に35組合
単位組合の一覧はこちら

単位組合の規約や規則を守り、単位組合の入会金や会費、各種共済掛金等の費用負担が必要になりますので、事前に確認の上で、加入する単位組合を決め手続きを行ってください。
※ご自宅や職場から近い組合を選んでいる人が多いです。

加入の条件

建設現場に従事する65歳未満の方であれば、誰でも対象となります。

労災保険の加入を義務化していることをご了承いただける方となります。
※ただし、労災保険に加入できない職種は労災保険の加入義務の対象から除外されます。

加入できる主な職種

大工枠型大工内装解体・はつり
土工、土木、土建鉄骨、鉄筋、溶接足場
塗装板金、屋根工事防水、シーリング左官、タイル
外構、エクステリア外壁、ブロック建具、家具、サッシ配管工、管工事
住宅設備空調設備、熱絶縁設計、測量建設事務
造園電気工通信鍛冶、金属

※建設国保に加入できる職種は、県連合会とは別に定める範囲があります。

加入した後

宮城県連が行っている事業への加入や、宮建国保への加入などができるようになります。
詳しくはそれぞれのページをご覧下さい。

宮城県連
サービス紹介はこちら
お仕事サポートはこちら

宮建国保はこちら