組織概要

一般社団法人 宮城県建設職組合連合会とは

昭和35年、県内各地にある建設組合や職工組合、大工組合などに建設労働者・職人の地位向上、生活と健康を守るため結集を呼びかけ、当初11組合1,039名を組織して、宮城県建設労働組合連合会を10月に創立。

以後、以下のとおり
① 昭和36年に全建総連に加盟し全国での組合運動に参加
② 昭和39年に宮城県建設職組合連合会に改称
③ 昭和40年11月には宮城県建設厚生組合を結成
④ 県知事から日雇労働者健康保険擬制適用の認可を取得、単位組合の数を増やし組織をしてきた中、日雇健康保険擬制適用の廃止について、政府の一方的な進め方に対して全国的な反対運動を展開した結果、それに代わる健康保険制度として昭和45年に「宮城県建設業国民健康保険組合」を設立

現在、県連合会に加盟するのは35組合、組織人数は約7,000人。

宮城県内の建設業界団体にあっては、県内全域に対応する単位組合、最多の個人会員を擁する団体となっています。

全国62万人の仲間とともに・・
居住地域ごとに単位組合があり、組合員は単位組合に所属します。
さらに、宮城県連のみならず、全国62万人の建設労働者、職人の仲間たち(全建総連)と団結して大きな力を発揮し、運動を進め仕事と暮らしを守る数々の成果をあげています。
その他にも
・団体生命共済(セット共済)全員加入(引受先:こくみん共済COOP(全労済))
・一人親方労災保険特別加入(宮城労働局・仙台労働基準監督署)
・建退共の一人親方任意加入(建設業退職金共済事業 宮城県支部)
などの共済制度を 取り扱い、組合員のメリット拡充を図りながら現在に至っています。

事務所所在地

  • 郵便番号 983-0862
  • 住所 仙台市宮城野区二十人町301番地の3 宮城県建設業国民健康保険組合会館2F
  • 電話番号 022-792-7031
  • FAX番号  022-792-7032
  • e-mail  kenren@jeans.ocn.ne.jp
事務所 地図