税金対策

税金学習会

建設職人にとって一番頭をいためるのが「税金」のことではないでしょうか。

確定申告書や税務申告書の作成提出や会計帳簿、特に会計帳簿は、白色申告者も平成26年から記帳義務化されており、避けられない面倒な事務仕事になっております。

また、税金の法律は毎年改正されるため、記入内容や提出書類なども都度変わります。常に変更点を知っていないと、思わぬ損をする場合もあります。

宮城県連では「自分の事業内容や収入をキチンとつかみ、適切な所得税申告をすること」を基本に、確定申告前には、記帳学習会を開催しています。全建総連作成の「所得とりまとめ帳」などを基に、月々の仕事のまとめや、年間の所得計算が簡単にできるように指導しています。
学習会の参加者には「所得とりまとめ帳」を1冊配布(無料)いたします。
未申告のリスク

日々の記帳、確定申告対策をサポートします

手間のかからない記帳の仕方や確定申告について、提携先の(株)ティグレ仙台支店でアドバイスしています。

「何をすればいいかわからない」「そもそも記帳って…?」「確定申告の方法がわからない」「税額の計算が難しい」という方も、(株)ティグレ仙台支店にご相談ください。

①税務申告書作成・申請代行(ティグレ税理士法人)
②会計帳簿の記帳義務化への対応(ティグレ記帳センター)
③工事現場賠償保険(ティグレが代理店業務)
④建物・機械設備等の事業資産の水災害保険(ティグレが代理店)
⑤行政書士や弁護士などの紹介(ティグレ士業グループ)

株式会社ティグレ仙台支店
TEL:022-265-7182
FAX:022-265-0829

パンフレット

日本の税金のことインボイス制度で仕事はどう変わるティグレ仙台 チラシ1(問い合わせシート付)
ティグレ仙台 チラシ2